家づくりの流れ

1.予算を決める

まず、家にどの位の予算をかけるのか、月々いくらなら返せるのかを考えます。

家を建てるには、土地代・建物代・手続き代・引っ越し代・家具代など、色々とお金がかかります。
それらをふまえて、家を建てる総額を算出していきます。

また、住宅ローンを組む場合は、お客様にあった最適なシュミレーションを行ったうえで借入できる金額を確認します。

schedule01.png

2.土地を決める

住みたい地域・広さ・予算を考え、最適な土地を探していきます。

その際、注意しておきたいことが用途地域・建ぺい率・容積率・地盤の強度・給排水の状況などです。

土地に対してどのくらいの大きさの家が建つか、車は何台停められるかなど考えておく必要があります。

また、地盤が弱いと地盤改良が必要になります。地域によって違いがあるので、事前に調べておく必要があります。


3.プランの作成

外回り(土地に対しての建ぺい率・容積率・高さ制限・近隣との後退距離・高低差・日当たりなど)を考慮しながら決めていきます。

ここで大事なことは、お客様から出来るだけたくさんの要望をお聞かせいただくことです。

ライフスタイル・家のコンセプト・家族構成・趣味・間取り・部屋数・外観のイメージなど、細かくお聞かせください。

それらを踏まえて、お客様にあった最適なプランを作成していきます。

4.見積り・資金計画打ち合わせ

基本的には、3で決まったプランで見積もりを提出しますが、工事費以外でもかかるお金があるということを把握しておくことが大切です。

必要備品でいうと、カーテン代・照明器具・エアコンなど。

証明書関係でいうと、登記費用・火災保険・ローン保証料・手数料などです。

これらの費用は建築会社によって入っているもの入っていないものがあるので、見積もりと資金計画書を照らし合わせての確認が大切です。


5.契約

お客様がプランや見積もりにも納得され、当社のことも信用していただき、はじめて契約を結ぶことになります。

ここまでに、住宅ローンの仮審査が通っていることが多いので、ここからが本審査となります。

建物の図面、契約書の写しが必要になりますが仮審査が通っている場合であれば、通常問題ありません。

それと同時に建築確認申請を市役所に提出します。

申請には約2週間程かかります。

申請許可が出たらいよいよ着工となります。


6.地盤調査

地盤が軟弱ではないか、地盤補強の杭は何メートル必要か?

といったことを地盤調査会社に依頼し、その結果をもとに保証保険に加入していただきます。

保証保険に加入することにより、万が一地盤が沈下した、その他の天災があった場合最大5000万円まで保証されます。

また、10年や20年といった保証期間も選ぶことが可能です。

通常であれば建物自体にも保証会社を付け10年の保証に加入していただきます。

7.上棟・内部造作工事

屋根ができた段階で電気の配線等を再度打ち合わせさせて頂きます。

事前に図面、3Dパースなどを使いながらイメージは説明しているのですが、構造体が完成した段階で現場に行き目視で確認した方が、お客様もイメージしやすいことが多いので、再度現場でコンセントの位置や家具の配置を確認します。


何度か現場に行くことで、お客様自体も家ができるまでの変化を楽しめます。

変更したい箇所、追加工事などある場合は、早めのご連絡であれば対応可能です。

8.完了検査

当社と一緒に確認して頂きます。

9.完成・入居

登記手続きや各種手続きが終わればいよいよ完成、そして入居となります。お疲れさまでした。

お客様が喜ぶ姿を見ることが、当社にとっては一番嬉しい瞬間です。ご家族の幸せが詰まったあたたかい家として、長く住まわれることを願っています。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。
何かわからないことがあれば、HARUHOMEまでお気軽にご相談ください。
お客様が納得いくまで無料で説明いたします。


知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント